出会い系サイトにはライバルが沢山いると頭に入れておきましょう

自分にはライバルが大勢いると考えてください。
ライバルに打ち勝つためには、他の人たちと似たようなことをしていては相手の印象に残ることはできません。

メールの関係が続くとそのうちモーニングメールを送るようになるかもしれませんが、それを送っているのは自分だけではないということを頭に入れておいてくださいね。
モーニングメールは出会い系で相手に近付く先方のひとつと考えられていますが、勝ち抜きたいのはライバルも同じです。
なので、相手の頭に残るためにはこちらもきちんと戦略を立てる必要があります。

まずは相手の生活パターンを把握しておいてください。
たとえば、起床の時間や、眠る時間は何時くらいか、休日はどれだけ寝ているのか、いつも何時くらいに家に帰ってくるのかなどを、さりげなくリサーチしておきましょう。
そして、起きるころではなく、それより少し早目の時間にモーニングメールを送るのです。
早すぎては逆に不快に思われてしまいますから、ここのタイミングは大事です。
あくまでも、少しだけ早めにというのが大切です。
起きたばかりの頭は無防備です。そこ一番にあなたのメッセージが入り込めるようにしましょう。

できることなら「おはよう」などといった当たり障りのない挨拶ではなくて、
相手がちょっとだけ頭を使うような意味のあるものを送ったほうがいいかと思います。
寝起きの頭に簡単な挨拶だけではなにも残ってくれない場合がありますから、
きちんと効果が表れるような対策を練りましょう。
人にはそれぞれタイミングというものがあります。
そのタイミングをうまく利用することができれば、ライバルに差をつけることができるというものです。
みんなと同じような時間帯に送るのではなくて、少しずらしてみるところから始めてみてください。
もちろん、朝が弱い人もいてタイミングがずれてしまうと不快に思われるだけのこともあります。
朝に強いか弱いかも分かるといいかもしれませんね。

出会い系サイト成功の体験談「女性」

地元の専門学校を卒業して都内の企業に就職が決まったときは飛び上がりそうなほど喜びました。あれから10年、長引く不況で会社は倒産してしまい結局地元へ帰ってきました。運良く家からそう遠くない会社に再就職することができ一安心と思ったのですが、やはり都内にいるときほど仕事に打ち込めなくなっていました。

年齢も年齢ということもあり、周囲からも結婚はまだかなどと聞かれたりもします。都内にいたときはそれこそ仕事一筋だったので、ボーイフレンドはいても交際している男性もいませんでした。その時はそれでも満足だったのですが、地元に戻ったらそんな話ばかりでうんざりでした。

気晴らしのつもりで始めた出会い系サイトで、素敵な彼と出会ったのはそんなときでした。地元の友人も少ないしメル友でも探そうと思っていたのですが、まさか出会い系サイトを通して好きな人を見つけられるとは思ってもいませんでした。もちろんメールだけの付き合いなのにこんなに好きになってしまうというのも予想外でした。

日を追うごとに彼がどんなひとなのか知りたくなり、ついに私の方からデートに誘ってみたのです。彼からの返事はすんなりOKでした。会う時はすごく緊張しましたが、彼の優しいリードで次第に緊張もほぐれていって、楽しい時間を過ごすことができました。女性に対しては非常に繊細に接してくれる彼は、まさに私の理想の人でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ